top of page

保護者様がお子さんよくかける言葉とお子さんが保護者様にする進路の話(リクルート調べ)

更新日:2022年2月16日

高校生に「進路の話をするときに保護者がよく使う言葉」を聞いたところ、

最多は

「自分の好きなことをしなさい、やりたいことをやりなさい」(58.6%)

次いで、

「自分でよく考えなさい」(34.8%)、

「自分で決めなさい」(29.5%)、

「勉強しなさい」(27.6%)と続いた。

高校生に対して、保護者と進路についてどんな話をしているか聞いた。

1位は

「高校卒業後の具体的な進路(学校、学部・学科、就職先)について」(56.3%)、

2位は「将来どんな職業に就きたいか」(54.2%)、

3位は「将来の自分の夢」(51.1%)だった。

昔と比べて、自分の将来や進路は自分で考えて進路決定をする人が増えている。

だからこそ今後勉強や受験はお子様にとって大変になるだろう。

どれだけ準備をして、継続して気持ちを前にもっていけるかが課題だ。



最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page